このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

A八坂神社

八坂神社

 小倉祇園祭りが行われる八坂神社は、小倉藩主細川忠興が1617年(元和3年)に小倉藩の総鎮守として、祇園の社殿を鋳物師町に造りました。忠興は、愛宕山の祇園社を南殿に、古船場町の祇園社を北殿とし、一つの大きな神社を造ったため、本殿は一つに見えますが、中では二つの祇園様がまつられています。二つの祇園様を一緒にまつっている神社は、全国的にもとても珍しいものです。

また、小倉城から八坂神社へ抜ける道から見える花崗岩で出来た石鳥居は福岡県の指定文化財で、笠木と呼ばれる上部の横木三層が一つの石で作られています。この鳥居は室町時代に造られたと言われています。

〈くわしくはこちら〉

勝山公園の施設一覧へ戻る

PAGE TOPへ