このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

7文学館

文学館

北九州市立文学館は、中央図書館に隣接する文学資料館です。
北九州地域は古くから様々な文学関係者を世に送り出してきました。その中でも旧小倉市出身の松本清張については死後単独で記念館がつくられましたが、「その他の北九州地域の文学者たちの資料を常設展示するための施設をつくるべきだ」との意見もあがっていました。そこで、北九州市立中央図書館向かい(同一建物群)にあった北九州市立歴史博物館がいのちのたび博物館に統合された後の施設の活用方法として、中央図書館とも連携を図ることができるとして文学館がつくられることになりました。基本的に、清張以外の北九州地域出身者その他ゆかりの作家にまつわる資料を集約・展示しています。また、館内の自分史ギャラリーにおいて、北九州市自分史文学賞大賞受賞作を閲覧することができます。

勝山公園の施設一覧へ戻る

PAGE TOPへ